ここから本文です

車ぶつかる衝撃に園児ら「びっくりした」 交通ルールを目で見て体験して学ぶ安全教室 高松市

10/8(火) 17:09配信

KSB瀬戸内海放送

 目で見て、体験して交通ルールを学びます。
 高松市で交通安全教室が開かれ、幼稚園の子どもたちが交通ルールを守ることの大切さを学びました。

 交通安全教室は香川県交通安全協会が毎年春と秋に開いており、8日は坂出一高幼稚園の園児46人が参加しました。

 園児たちは、シートベルトの大切さを学ぶため「シートベルトコンビンサー」という装置に乗り込み、時速5キロで車がぶつかった時の衝撃を体験しました。
 その衝撃に、園児たちからは「びっくりした」などの声が上がりました。

 他にも道路を渡る時に大切な「止まる・見る・待つ」を歌と踊りで覚えたり、道路へ飛び出すことの危険を人形で学んだりしました。

(園児はー)
「なんかぶつかって、風船みたいなのがバーンって出てきて、びっくりした」
「(Q.道路渡るときどうする?)手を上げて、信号をよく見て、右左を見てから渡る」

(香川県交通安全協会 教育推進隊/小川和廣 隊長)
「子どもさんがすると、お父さんお母さんがせんわけにはいかんですから、そういうところで浸透するのかなって思ってます」

最終更新:10/8(火) 18:42
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事