ここから本文です

ANA、一部機内食を利用者投票で決める「総選挙」を実施 各エリアのご当地丼から選定

10/8(火) 17:09配信

乗りものニュース

2020年3月から機内食として提供

 ANA(全日空)は2019年10月8日(火)、利用者からの投票で日本発の国際線プレミアムエコノミー、エコノミークラスの機内食を決定する「機内食総選挙 2019」を実施すると発表しました。

【写真】お魚もお肉も、投票できます!

 日本全国を10個のエリアに区切り、ANAシェフが各エリアにゆかりのある10種類の「ご当地丼」をプロデュース。「東の陣」と「西の陣」の二部制で投票が行われ、それぞれ上位2種類、あわせて4種類の「ご当地丼」を2020年3月から機内食として提供します。

 第一部となる「東の陣」の投票期間は、10月8日(火)午前10時から17日(木)23時59分まで。候補はサンギ丼(北海道)、さんま蒲焼き丼(東北)、焼き鯖丼(北陸)、マグロカツ丼(関東甲信)、味噌カツ丼(東海)です。

 第二部となる「西の陣」の投票期間は、10月18日(金)午前10時から27日(日)23時59分まで。候補は、投票開始の日時の際に公開されます。

「機内食総選挙」は2013(平成25)年から毎年実施されており、7回目の開催。投票は特設サイト上で行われます。当選メニューは、11月中旬に特設サイトとSNS上のANA公式アカウント上で発表される予定です。

乗りものニュース編集部

最終更新:10/8(火) 17:52
乗りものニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事