ここから本文です

フォロワー10万人越えのママが語る「お弁当は最強のコミュニケーションツール」

10/8(火) 12:20配信

magacol

皆さんはコミュニケーションが難しくなる思春期の子どもにどのように向き合っていらっしゃいますか?「伝えたいことはたくさんあるのに、顔を合わせるとケンカに…」というママの声も多い中、思春期の息子さんにお弁当で思いを伝え、「反抗期でも会話がなくてもお弁当は最強のコミュニケーションツール」だという人気インスタグラマーママがいます。今回は、そんな最強ママ・佐藤照美さんにお話をうかがいました。

インスタフォロワー10万人超え&中学2年の息子さんとの「弁当記録」が話題

佐藤照美さん
中学2年生の息子を持つ母親。“コミュニケーション弁当”をSNSに日々アップ。関西弁のノリのいいメッセージが、親世代を中心に人気となり話題に。

お弁当メッセージに同世代の親も共感

幼稚園、小学校と給食だった息子さんのために、佐藤さんがお弁当づくりをスタートしたのは中学入学時。お弁当箱を購入して実際につくり始めると、ご飯を入れるスペースが広く、真っ白なままなのがつまらないと感じたそうです。そこで思いついたのが、のりでメッセージをつくるというもの。「始めたのは息子に何かを伝えたいというよりは、単純に真っ白なスペースがもったいないという理由でした。スタート時は刻みのりで文字をつくっていたため、今見ると不格好ですよね。息子にも何が書いてあるかわからないと言われました」。

メッセージを入れたお弁当をSNSにアップすると、少しずつですが同世代の親から反響が。それと同時に、佐藤さん自身も「お弁当を通して息子に何か伝えられれば」と思うようになったそうです。

短い3行だからこそ必要なことだけが伝わる

思春期を迎え、以前よりも自宅で話をしてくれなくなった息子さんに、思いを伝えるコミュニケーションツールとなっていったお弁当。「顔を見るとついつい余計なことまで言ってしまい、息子はさらに反抗してしまうかもしれません。ですがこの方法なら、3行で言いたいことだけをシンプルに伝えられる。その分息子にも、伝わりやすいのかもしれません。メッセージの内容はあまり難しく考えず、その日に思ったことを書くようにしています」。小言のようなことばかりにせず、息子さんが荒れているなと思うときは、応援メッセージを伝えることも。カッコつけた文章ではなく、思ったことをそのまま伝えることが、毎日のお弁当づくりを苦ではなく楽しく行えている秘訣だそうです。

1/2ページ

最終更新:10/8(火) 12:20
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事