ここから本文です

覚せい剤所持などの疑い 暴力団幹部ら逮捕/富山

10/8(火) 19:28配信

チューリップテレビ

 覚せい剤や大麻を所持、または譲渡した疑いで、富山市に住む暴力団組員の男2人を含む5人が逮捕されました。

 大麻取締法違反などの疑いで逮捕されたのは、指定暴力団・六代目山口組系の暴力団幹部で、富山市田中町の職業不詳島卓弘(しま・たかひろ)容疑者(29)富山市西新庄の自称無職深田悠希(ふかた・ゆうき)容疑者(23)ら5人です。
 県警は、8日、島容疑者が経営していたとみられる富山市内の飲食店を家宅捜索しました。
 島容疑者は、今年4月、富山市内の路上で知人男性に乾燥大麻8グラムを、およそ5万円で譲り渡した疑いがもたれています。
 一方、深田容疑者は、今月8日、自宅で覚せい剤を所持していた疑いがもたれています。
 警察は、深田容疑者と島容疑者の認否を明らかにしていません。
 警察によりますと、今年4月に、女子高校生らが大麻取締法違反の疑いで逮捕された事件をきっかけに、暴力団組員の関与が浮上したということです。
 警察は、覚せい剤や大麻が暴力団の資金源になっていた可能性があるとみて、入手ルートなどを調べています。

チューリップテレビ

最終更新:10/8(火) 19:28
チューリップテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事