ここから本文です

トレエン斎藤、「レミゼ」オーディションで一発ギャグを披露「イギリスではまだウケる」

10/8(火) 19:25配信

AbemaTIMES

 お笑いコンビ・トレンディエンジェルの斎藤司(40)が8日、東京ソラマチで開催されている「レ・ミゼラブル展」のトークショーに登場。ジャン・バルジャン役への意欲を語った。

【動画】トレエン斎藤が披露した一発ギャグとは?

 「レ・ミゼラブル展」は、海外ドラマ専門チャンネル・AXNミステリーの海外ドラマ「レ・ミゼラブル」(11月22日スタート 金曜午後10時~)の放送を記念し開かれており、ドラマの撮影で実際に使われた小道具を展示。斎藤は今年、現役お笑い芸人としては初めてミュージカル「レ・ミゼラブル」に出演。小悪党テナルディエ役を演じた。

 オーディションでは得意な歌ではなく「一発ギャグ」を披露したという斎藤。「テナルディエという役柄はひょうきんでお客さんを笑わせながらお金をくすねるというという役どころですので、そういう部分を出した」とその狙いを語った。

 披露したギャグというのは、髪をかきあげた後に反対に顔側に戻すというもので「オールバックからの~オールフロント~!っていうやつ」と報道陣の前でも披露。会場には微妙な空気が流れるが、斎藤は「イギリスではまだウケる!初めてタコベルが日本に来たような衝撃があった」と外国人の審査員ウケはバッチリだったと説明。「日本はお笑いレベルが高いので、イギリスでは戦えるな」と自信を持ったようだ。

 斎藤は「次はジャン・バルジャンを狙っている」と次回作参加への意欲も十分。「どうしても主役が好き。ジャン・バルジャンの歌が好き。あそこを目指せれたら最高!」とジャン・バルジャンへの憧れを明かし、「そのためには筋トレというか、ガタイをでかくしないといけない。牛乳を飲み始めました」とすでに体づくりも始めていると明かした。

 そんな斎藤に記者からは「効果は出たのか?」という質問も。斎藤は「ちょっと髪が伸びました。最悪身長が足りないと言われたら、舞の海みたいに頭にシリコンを入れていこうかなと思っています(笑)」と斎藤節を炸裂させ、会場の笑いを誘っていた。

最終更新:10/8(火) 21:19
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ