ここから本文です

「100円のコーヒーを買うのに躊躇する」若者の貧困。「貧困女子」のリアルと陥る原因とは

10/8(火) 19:15配信

LIMO

「若者の貧困が深刻化している」と聞いて、あなたはどう感じますか? 

2019年6月、とあるツイートが話題になりました。「お金持ちになりたいわけでもすごく欲しいものがあるわけでもなくて、50円や100円のコーヒーを買うのに躊躇(ちゅうちょ)する生活をやめたい。若者の貧困はそういうレベル」、というものです。このツイートは多くの共感を集めました。

「2019年夫婦の1回にかけるランチ代」の表を見る

ところが、街や周囲にいる若者のなかには、明らかに貧困だとわかるような人はほとんどいませんよね。そのため、「にわかには信じられない」「大げさに言っているだけなのでは」と考える人も少なくないのです。

貧困女子の実態とは

貧困には2種類あります。衣食住すら保証されない「絶対的貧困」と、一見しただけではわかりにくい「相対的貧困」です。おしゃれな服を着てスマートフォンを持っている普通の若者のなかにも相対的貧困が存在します。

厚生労働省は3年ごとに国民生活基礎調査の大規模調査を実施しており、『国民生活基礎調査の概況』のなかで相対的貧困率を公表しています。『平成28年 国民生活基礎調査の概況』(2016年)によると、年収が122万円に達しない人が相対的貧困に該当し、相対的貧困率は15.7%でした(2015年時点・熊本県を除く)。

年収122万円を月収に換算すると10万円ほどです。ここから家賃などを差し引くと、残りはごくわずかでしょう。貧困女子のなかには、恋愛や結婚はとうにあきらめ、毎日食べていくことに手一杯という人も珍しくありません。なかには、「入浴は1週間に1度」「来客があっても出せるのは水だけ」というケースも。過酷な現状がみえてきます。

一方、貧困は自己責任だと考える人も少なくありません。性差別の意識もまだまだ根強く、女性に対して「いざとなったら体を売ればいい」といった発言をする人すら存在します。

「隠れ貧困」に陥る女性

いわゆる貧困には当てはまらないけれども、「隠れ貧困」に陥っているという女性もいます。仕事で十分な収入を得ているにもかかわらず、家計が赤字になっているケースです。「隠れ貧困」を放置すると、本物の貧困に進んでしまうおそれもあります。

「隠れ貧困」の原因はズバリ支出が多すぎること。お金の使い方が身の丈に合っていないのです。高すぎる家賃が家計を圧迫しているなら、手頃な物件を探してみましょう。美容院に行かずに自宅でヘアカラーやトリートメントをしたり、化粧品をプチプラブランドに切り替えたりするのも1つの方法です。

1/2ページ

最終更新:10/8(火) 20:35
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事