ここから本文です

小学校受験にベンツ1台分?口コミで見る「小・中・高での思わぬ学費の出費エピソード」

10/8(火) 11:15配信

LIMO

子どもを育てていくには、なにかとお金がかかるもの。できるだけお金をかけてあげたいと思う一方、限られた収入の中でやりくりをしなければなりません。

高校・大学の入試までまだ先が長いと感じるかもしれませんが、小学校・中学校を受験する家庭や、塾通いでさっそく大きな出費がスタートします。しかも教育費には意外な支出もあるのです。家計破綻につながりそうな、思わぬ支出の具体例に迫ってみましょう。

小学校受験にベンツ1台分?

幼い時期の小学校受験。「がんばってチャレンジさせてあげたい」という親心からスタートすると、驚きの出費という現実に直面します。

・「小学校受験を通じて、子どもも成長できました。その一方、塾の月謝は10万円前後とかなり高額。試験項目に合わせて授業を追加することになり、どんどんお金が飛んでいきました」

・「子どもに合った塾を選ぶため、勇気を出して途中で塾を変更しました。我が子にぴったりの塾が見つかりホッとしましたが、入学金も2回。仕方がありませんが、痛い出費でした」

・「小学校入学までにかかったお金は、なんとベンツ1台分。塾の費用に受験対策に、合格したら入学金。私たちの間では『エアベンツ案件』と呼んでいます」

受験の準備、費用、時間的な負担…膨大な労力が必要となるようです。見事合格できると更に学費も待ち構えています。かなり早い時期から念入りな資金計画が必要となりそうです。

「塾」の費用は月謝だけではない!?

中学生で塾に通う場合、塾や部活の費用を負担しながら資金準備も継続していくことになります。中学受験をする場合は、さらに早めの準備が必要となりますし、兄弟の年齢が近い場合は立て続けに塾・受験・入学費用が必要となってきます。そして塾の費用も、月謝だけではありません。その実情について口コミを見てみましょう。

・「長期休暇中は特別講座ですので、月謝以外に講習費用が必要となります。夏休みの講座は授業回数が多いため、十万円単位で必要になることも」

・「定期テスト向けの対策講座が別途、必要になるとは思っていませんでした。塾を決める前に1年間のすべての費用が一覧化されていたらいいのですが」

・「1回あたりは数千円ですが、学力判定模試も何回か受けました。次々に配布される納入のお知らせに驚いてしまいます」

・「塾に通ったからといって、割安な公立高校に進学できるとは限りません。塾費用だけでも負担が大きいのに、同時に私立高校の費用も準備していくので、火の車です」

このような月謝以外の支出に備えつつ、教育費を貯め続けるのは並大抵ではありません。
下のお子さんもいるご家庭では、上のお子さんのケースをしっかり記録しておきましょう。どの項目に、いつ頃、どれくらい必要になったか支出を把握しておくことが重要です。

1/2ページ

最終更新:10/8(火) 11:15
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事