ここから本文です

元ブラジル代表ミシェウ・バストスが現役引退

10/8(火) 18:34配信

超WORLDサッカー!

元ブラジル代表MFミシェウ・バストス(36)が自身のインスタグラムで現役引退を発表した。

ブラジルで天才と呼ばれ、鳴り物入りでフェイエノールトに加入するも、プロデビューはレンタル先のエクセルシオールだったバストス。一度ブラジルに戻り、2006年のリール移籍で再渡欧すると、2009年に加入したリヨンでは公式戦142試合に出場し35得点を記録。2011-12シーズンにクープ・ドゥ・フランスで優勝し、キャリア唯一のトロフィーを獲得した。

その後はアル・アインやサンパウロ、パルメイラスに加え、レンタルではシャルケやローマでもプレーしたバストスは、今年5月にブラジル2部のアメリカFCに入団。出場した試合は1試合にとどまった。

ブラジル代表では10キャップを数え、2010年の南アフリカワールドカップでは全5試合に出場した。

15年のキャリアを終え、バストスはインスタグラムで以下のように引退の言葉を述べている。

「僕の人生でフットボールが何を表してきたのかを説明する言葉が見当たらない。だが、お別れを言わなければならない時間が来てしまった」

「両親や姉妹、叔父に叔母、いとこや祖父母に感謝したい。彼らは最も大切な愛を与えてくれた」

「これまでに一緒に働いたすべてのクラブの監督、チームメイト、スタッフにも感謝したい。彼らは僕のキャリアにおいて非常に重要な存在だった」

「僕が所属した名誉あるクラブ、そしてそのファンやサポーターもありがとう! みんなの励ましや愛情は目標を達成する力を与えてくれたよ」

「今日で章は終わるけど、それと同時に新たな章も始まり、喜びと興奮で満たされることを約束する。Netflixを見るようなものさ。シリーズが良ければまた続いていく。ここでみんなの愛情を頼りに続けていくよ」

「最後に、妻のレティシアに大きな感謝を言いたい。15年間、彼女はずっと僕の骨を拾ってくれた。いつもそばにいてくれてありがとう。もちろん、子供のルーカスとバレンティーナの愛を忘れることはない。僕を成長させて今の僕にしてくれたのは君たちだった」

「サッカーを愛している!! 本当にありがとう!!」

超WORLDサッカー!

最終更新:10/8(火) 18:34
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ