ここから本文です

F1 Topic:マネージメントの欠如を露呈したフェラーリが、ロシアGP決勝で犯していたもうひとつの失態

10/8(火) 12:28配信

オートスポーツweb

 F1第16戦ロシアGPでフェラーリは、自らのマネージメント能力が欠如していたことを露呈してしまった。

フェラーリの会見ではシャルル・ルクレールとビノット代表が先に到着

 それは、レース中にシャルル・ルクレールとセバスチャン・ベッテルをチームオーダーによってコントロールできなかったことだけでない。レース後に行われたフェラーリの会見でも、チーム側とドライバーとの間で、言い分が異なっていたからだ。

 レース後、フェラーリは予定していた会見を通常より10分早く開いた。しかも、場所は通常行われているフェラーリのホスピタリティハウスではなく、2つ隣にあるFOMのホスピタリティハウスを間借りして開かれた。出席者は予定通り、ルクレールとベッテルのふたりのドライバーに加えて、チーム代表のマティア・ビノットの3人だ。

 多くの記者が質問したのは、レース前の取り決めがどうなっていたかで、それについてはこれまで報道されているとおりで、ベッテルが言うように「確かに取り決めはあったが、何か誤解があったかもしれない。それについては、今後、チームと話し合うつもりだ」というように、会見では灰色のままだった。

 もうひとつ、注目を集めた質問が、ピットストップでの順位の入れ替わったことについてだ。チームオーダーがうまく行かなかったから、ピットストップで故意に順位を入れ替えたのかという質問に、ビノットは明確に否定した。

「セバスチャンを入れたのは、(ハミルトンの)アンダーカットを未然に防ぐためで、シャルルをステイアウトさせたのは、ハミルトンの様子をうかがうためだった」(ビノット)

 ところが、この会見の直後にフェラーリが出したリリースで、ルクレールはこう述べるのである。

「正しいタイミングで順位を入れ替えることを狙い、セブ(ベッテル)がピットに入ったので、それを実行した」(ルクレール)

 つまり、ピットストップによるポジションの入れ替えは、チームの指示だったことを示唆したのだった。

 ロシアGPでのフェラーリはチームオーダーばかりが注目されたが、じつはそれ以外にもフェラーリは失態を犯していたと指摘するのは、メルセデスのあるエンジニアだ。

 それはレース中盤にバーチャルセーフティカー(VSC)がルイス・ハミルトン(メルセデス)に有利な形で入り、事実上トップを独走していたルクレールが2番手に落ちたときのことだ。直後にセーフティーカーが導入されると、フェラーリはセーフティーカー明けのレース再開に備えて、ハミルトンと同様、ソフトタイヤへ交換させるためルクレールを再度ピットインさせた。これにより、ルクレールはバルテリ・ボッタス(メルセデス)にも先行を許し、3番手に後退した。この作戦がメルセデス陣営にとっては謎だと言う。

「ソフトのほうがグリップ力があるから、残りのレースで履きたい気持ちはわかるが、ソチは同じタイヤでは抜けない典型的なコースだということは過去のレースを見ればわかるはず。あそこでポジションを1つ落としてピットインさせたのは、間違いだった」(メルセデス某エンジニア)

 ロシアGPでチーム代表がドライバーをコントロールできず、チームの戦略家がレースをコントロールできなかった現在のフェラーリ。果たして、鈴鹿でどこまで立て直しを図ってくるか注目したい。




[オートスポーツweb ]

最終更新:10/8(火) 12:32
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事