ここから本文です

「不調の理由は彼らが原因」…G・ネヴィル氏、マンUのフロントを批判

10/8(火) 0:54配信

SOCCER KING

 元イングランド代表DFギャリー・ネヴィル氏は、古巣マンチェスター・Uの不調についてコメントを残している。7日にイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じた。

 ネヴィル氏は現役時代、マンチェスター・U一筋でプレーし通算598試合に出場。2度のチャンピオンズリーグ制覇や12回のプレミアリーグ優勝を果たすなど、マンチェスター・Uの黄金期を代表する選手の一人である。

 同氏は6日に行われたプレミアリーグ第8節のニューカッスル戦でマンチェスター・Uが0-1の敗北を喫したことに落胆しているという。それだけでなく、近年のマンチェスター・Uの不調について批判のコメントを残している。

 ネヴィル氏は次のように語った。

「アウェイ戦を見ていると試合に勝てるようなメンタルで挑んでいない。ボールを横流しにしている場面も多く、決定機すらも決め切らない。選手の質や選手層などにおいて、後退しているとしか言いようがない」

「マンチェスター・Uの獲得してきた選手には統一性がない。過去数年に及んで、スタイルが完全に異なった監督を次から次へと招へいした結果がこれだ。今から改善するべきなのはクラブとしてのプレースタイルを統一することと、それに見合った選手を獲得することだ」

「これらは全てフロントが責任を取るべきだ。マンチェスター・Uが現在このような絶不調に陥っているのも、根本的な問題は選手や監督以前に、フロントにある。過去の決断力の無さが、今このような形でクラブを苦しめているのだ」

SOCCER KING

最終更新:10/8(火) 0:54
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事