ここから本文です

ごみからイラストTシャツ 海辺に飾る 今治・唐子浜でアート展

10/8(火) 8:00配信

愛媛新聞ONLINE

 ごみから生まれ変わったイラストTシャツを海辺に飾るアート展が5、6の両日、愛媛県今治市古国分1丁目の唐子浜で初めて開かれた。砂浜を美術館に見立てた会場に色鮮やかな個性がはためき、親子連れらがお気に入りの一枚を探した。
 展示のTシャツは、古着や海洋プラスチックごみなどを再利用したポリエステル樹脂でできている。衣服の大量廃棄と環境問題を身近に考えてもらおうと、一般社団法人国際スタイリングカウンセラー協会(東京)が主催した。
 アート展の発起人で協会の大澤もとこさん(36)は「循環型社会構築のために、100年後の地球を考えて」と力説した。

愛媛新聞社

最終更新:10/9(水) 17:30
愛媛新聞ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事