ここから本文です

円は残された「唯一の安価なリセッションヘッジ」-JPモルガン

10/8(火) 14:42配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 米景気減速の兆候と長引く貿易摩擦の中で、円は世界的なリセッション(景気後退)に対する最も安価なヘッジ手段として諸通貨の中で際立っている。

ポール・メジェッシ氏らJPモルガン・チェースのストラテジストらがこのような見方を示した。 円の実質実効為替レートは20年平均より15%安いとストラテジストらはみており、このためドルやスイス・フランなど他の逃避先通貨よりも円は魅力的だと指摘した。リセッションが差し迫っていると考えているわけではないとも付け加えた。

ストラテジストらは4日のリポートで、「円はグローバルなマクロ空間に残されたほぼ唯一の安価なリセッションヘッジだ」と記述した。

先週は予想より弱い米指標の中で円は0.9%上昇した。

日本の年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が外債投資を増やすことを検討するなど円に対する逆風となり得る要素もあるものの、オーストラリア・ドルやニュージーランド・ドルなどの「低成長の出遅れ」通貨のパフォーマンスを上回る可能性があるとJPモルガンは依然として考えている。

原題:JPMorgan Sees Yen as ‘Only Cheap Recessionary Hedge’ Remaining(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Susanne Barton

最終更新:10/8(火) 14:42
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事