ここから本文です

ロバート・スミス、ザ・キュアーの新アルバムを3枚制作中だと明かす! 年末には早くも1枚目がリリースか

10/9(水) 18:10配信

rockinon.com

ザ・キュアーのフロントマンであるロバート・スミスが、現在バンドのニュー・アルバムを3枚制作中だと明かしている。

「Zocalo」のインタビューを報じた「INDIE88」によると、ロバートは現在制作中だというニュー・アルバム3枚のうち1枚目が今年の年末にリリースされるかもしれないとして、次のように語っていたという。

実際のところ3枚のアルバムを準備していて、そのうち2枚はかなり制作が進んでいる。もうすぐ1枚目をリリースするつもりで、1stシングル、もしくはアルバム自体が今年のクリスマスかその少し前には出るんじゃないかな。『Live From the Moon』とタイトルが付けられてるけど、確実に名前は変更されるだろう。

『Live From the Moon』と仮題が付けられたアルバムは、2008年にリリースされた『4:13 ドリーム』以来の新作となるが、ロバートはニュー・アルバムに続く作品についても、それほど長くファンは待つ必要がないとも述べていたとのことだ。

すでに制作を進めている2枚目のアルバムはさらに自由度が高い作品で、より顕著で力強いサウンドなんだ。その瞬間の解釈に基づくコンセプトをまとめる体験を表現するから、ライブ収録する必要がある。

クレイジーな3枚目はノイズが存在し、バンドが慣れ切ってしまって注意を向けなくなった状況で、ステージまたは自分の過去における経験をすべて下敷きにした、異なる環境や状況を表現したノイズ・ディスクなんだ。

なお、以前ロバートは「Los Angeles Times」の取材で、「近年に両親と兄と死別したことで、アルバムのサウンドにダークな側面が出たことは間違いない」と、家族の死が新作に影響していることも明かしていた。

また。バンド結成40周年を記念して、2本のコンサート・フィルムを収めた映像作品『40 LIVE - CURÆTION-25 + ANNIVERSARY』を10月18日にリリースする予定だ。

rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

最終更新:10/9(水) 18:10
rockinon.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事