ここから本文です

【ONE】10.13両国大会に向け、台風直撃の対応を検討

10/9(水) 21:04配信

イーファイト

 大型で猛烈な勢力の台風19号(ハギビス)が12日から13日にかけて、非常に強い勢力を保ったまま、近畿~関東甲信地方付近に接近・上陸する可能性が高くなっている。現在開催中のラグビーワールドカップ(W杯)の中止の可能性も出て来ている。

【フォト】ガッチリと肩固めを極める青木真也(19年3月・ONE両国大会)

 12日(土)の夜には関東地方に直撃、13日(日)午前には三陸沖に進むと見られている。この予想だと13日の関東の屋内イベントは開催はできそうだが、台風の通過予定時間が遅れたり、前日夜からの直撃でインフラの被害なども考えられる。

 この状況について、10月13日(日)東京・両国国技館で開催される格闘技イベント ONE Championship 100回記念大会『ONE: CENTURY 世紀』について台風についての対応を検討していると発表した。

–発表は以下の通り–

 大型で猛烈な台風19号(ハギビス)が現在(10月9日時点)、南海上のマリアナ諸島から西北西に進み、今週末に日本列島を上陸する可能性があると、気象庁が発表しております。

 ONEチャンピオンシップは10月13日(日)、東京の両国国技館にて、午前と午後の2つの大会開催(「ONE:CENTURY世紀」第1部:7:30開場/9:00開始/14:00終了予定・第2部:16:00開場/17:00開始/23:00終了予定)を予定していますが、この大型台風の状況を厳格に監視しております。今後の対応の判断については、引き続きこの状況を見ながら、適宜行います。
 お客様、アスリート、スタッフの安全を考慮しながら最善の判断をしますので、ご理解のほど何卒よろしくお願い致します。

ONEチャンピオンシップ一同

最終更新:10/9(水) 21:08
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事