ここから本文です

TOTO、北京工場を閉鎖

10/10(木) 7:55配信

産経新聞

 TOTOは9日、中国・北京市内にあるグループ工場を、9月末で閉鎖したと発表した。工場が立地する一帯で、北京市の再開発計画によって宅地化が急速に進んだことから、生産拠点の再編を決めた。減産分は中国内の別の3工場や周辺国の工場でカバーし、供給量や販売計画への影響はないという。閉鎖した工場は1994(平成6)年、TOTO初の中国拠点として現地企業との合弁で、生産を始めた。TOTOはその後、さらに3カ所に生産拠点をつくった。

 米中の貿易摩擦などで、中国景気の先行きに不透明感は漂うが、「主力の衛生陶器をはじめ高級ブランドとして認知され、着実に浸透している」(広報担当者)という。同社のグループ中期経営計画では、平成29~令和4年度までの5年間で、中国市場での売上高を48%増とする目標を掲げる。

最終更新:10/10(木) 8:53
産経新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事