ここから本文です

台湾、中国人観光客を退去処分 香港デモ支持の「レノンウォール」損壊で

10/9(水) 16:47配信

AFP=時事

【AFP=時事】台湾は8日夜、香港の民主化運動を支持するメッセージを書いた付箋などをはりつけた「レノンウォール」を損壊したとして、中国人観光客の李紹東(Li Shaodong)容疑者を退去させた。中国政府の反発は必至とみられる。

【写真】香港民主派、覆面禁止法を無視してゲリラデモ

 香港各地に設置されている色とりどりの付箋やポスターで飾られたレノンウォールは、台湾でも主として大学構内に登場している。

 台湾では、4か月にわたって香港を揺るがす前例のない抗議運動が幅広く支持されているが、こうした運動を支持する集会や展示物は親中派の標的にされている。

 内政部移民署(National Immigration Agency)によると、李容疑者は7日、台北の大学構内でレノンウォールにはられていたポスターを破いたとして身柄を拘束された。

 移民署は、「わが政府は、民主主義と自由を損なう悪意ある不法行為を一切容認しない」と述べた。

 李容疑者は向こう5年間、台湾への渡航を禁止される。台湾が香港の抗議運動絡みで退去処分を下すのは、今回がはじめてとみられる。【翻訳編集】 AFPBB News

最終更新:10/9(水) 16:58
AFP=時事

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事