ここから本文です

シャープ、AQUOS向けクラウドサービス「COCORO VISION」機能追加。キーワード登録など

10/9(水) 11:00配信

Impress Watch

シャープは、液晶テレビAQUOS向けのクラウドサービス「COCORO VISION」を31日より順次アップデート、スマートフォン向けアプリ「COCORO VISION」を9日よりリニューアルした。AQUOS向けのサービスでは、新たにキーワード登録が可能になり、おすすめ機能が向上。またスマホ向けでは、一覧性が向上しテレビとの連携機能が強化された。

【この記事に関する別の画像を見る】

「COCORO VISION」は、AIがテレビの視聴や録画傾向を分析・学習し、おすすめの番組や情報をお知らせするクラウドサービス。

今回のアップデートで、キーワード登録に対応。従来は視聴履歴でしか利用者の嗜好を把握できなかったが、メニューのキーワード登録から、好きなタレントやグループ、スポーツチームなどを登録することで、よりユーザーの好みに応じたレコメンドが表示できるようになった。キーワード登録は、リモコンにキーワードを話しかけることで行なえる。

トップのユーザーインターフェイスもリニューアルされ、「操作ガイド」や「使い方ガイド」も新たに搭載。AIによるおすすめ理由がポップアップ表示され、番組が選びやすくなっているほか、AQUOS画面上で機能の説明や操作方法が確認できるようになっている。

またスマートフォン向けアプリ「COCORO VISION」も同時にリニューアル。おすすめ番組画面の一覧性が向上したほか、スマートフォンのシンプルな操作でAQUOSの視聴・録画予約画面の起動が行なえるようになった。

AV Watch,阿部邦弘

最終更新:10/9(水) 11:22
Impress Watch

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事