ここから本文です

33歳・益若つばさ「15年ぶり」ギャルメーク ミニワンピに編み上げブーツ

10/9(水) 13:08配信

デイリースポーツ

 タレントの益若つばさ(33)が9日、東京・渋谷のSHIBUYA109で行われた「バストが喜ぶナイトブラPG-Bra」のイメージモデル発表会に出席した。

【写真】ミニワンピに編み上げロングブーツもピッタリ 三十路の益若

 かつてギャル界のカリスマだった益若は、褐色のファンデーションで日焼け肌を演出し、つけまつげに太めのアイラインをくっきり入れた完璧なギャルメークで登場。「15年ぶりにギャルメークしました」と照れながら話した益若は、赤いチェックのミニワンピース、編み上げのロングブーツといったギャルファッションを着こなし、1児の母ながら、“現役ギャル”そのものだった。

 そんな益若だが、下着のイメージモデルに就任し、大人の女性として普段から育乳サロンに通ったりクリームを塗るなど、バストケアに気を遣っていることを告白。「ギャルの頃はいつもヌーブラで、育乳には興味なかったんですが、25歳を過ぎて大切だと思うようになった」と明かした。10月13日は自身34回目の誕生日で、会場には、ナイトブラを着けた益若のバストをかたどった“おっぱいケーキ”が登場。「きれいに仕上げてくださってうれしい」と笑顔を見せた。

 このところ一段落の傾向にあるギャル文化だが、かつて渋谷を闊歩した益若だけに、「正直、(渋谷が)あんまりトレンドを発信しなくなった街になってしまったかな、と。ちょっと寂しいなと思ってます」とポツリ。「でも最近は最近でみちょぱとかゆきぽよちゃんとか、すごくギャルがまた流行ってきてる。私自身も懐かしいしうれしいし、ギャル大好きなので、もっともっとたくさん広めて欲しい」と“ギャルブーム”復活を願っていた。

最終更新:10/9(水) 15:35
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事