ここから本文です

J&Jに8500億円支払い命令=男性の胸肥大で懲罰賠償-米陪審

10/9(水) 11:01配信

時事通信

 【ニューヨーク時事】米東部ペンシルベニア州フィラデルフィアの裁判所の陪審団は8日、米医薬品・健康関連用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)に対し、同社の抗精神病薬「リスパダール」の副作用で胸が女性のように成長したと訴えた男性(26)に80億ドル(約8500億円)の支払いを命じる評決を下した。

 
 不法行為の悪質性が高い場合に、将来の再発防止を目的に実際の損害額を上回る金額の支払いを命じる懲罰的損害賠償に基づく判断。J&Jは「根拠もなく度を超えた評決を無効にするために直ちに行動する」と上訴する方針を表明した。

 リスパダールには未成年の男児に投与すると胸が大きくなる副作用が指摘されている。男性は2003年から処方されていた。J&Jはリスクを十分に説明しなかったとして同様の訴訟を1万3000件以上抱えている。 

最終更新:10/9(水) 18:04
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事