ここから本文です

【広島】FA取得の野村 監督の直電慰留「うれしかった」球団との交渉は今後

10/9(水) 16:35配信

スポーツ報知

 今季国内フリーエージェント(FA)権を取得した広島・野村祐輔投手(30)が9日、権利の行使の是非について熟考する考えを示した。

【写真】こんなに沈む広島ベンチは見たことがない…

 マツダスタジアムで行われた秋季練習の初日メニューを終えて取材に応じた。佐々岡監督から5日に“直電”で「残ってほしい。来年も一緒にやってほしい」と慰留されたことについて、「監督から連絡をいただいてすごくうれしかった」。行使の是非に影響するのかとの問いにも「(影響は)ありますよ。言われるのと言われないのでは大きく違います。ありがたかった」と、心を揺さぶられた様子だった。

 ただし、現時点で球団と交渉は行っていない。「(球団の)話を聞いてから(決めたい)。決断は早いほうがいいと思います」と早期の態度表明に努めると強調した。

 同様に今季国内FA権を取得した侍ジャパンの会沢翼捕手(31)は、11月の国際大会「プレミア12」に向けて20日前後まで秋季練習に参加すると表明。すでに球団とは複数回の交渉を行っているが、「(次回交渉?)のちのちという感じ。(練習参加として平行して交渉を続ける?)そういうことですね」と話した。

最終更新:10/9(水) 17:00
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事