ここから本文です

雛形あきこ、10年以上かけた夫との“束縛ルール” テレビで言うと「イヤー!って…」

10/9(水) 11:46配信

スポニチアネックス

 女優の雛形あきこ(41)が8日深夜放送の関西テレビ「グータンヌーボ2」(火曜深夜0・25)に出演。夫で俳優の天野浩成(41)との“束縛ルール”について明かした。

【写真】雛形あきこ&天野浩成夫妻

 番組ではモデルの滝沢カレン(27)がMCとなり、雛形、モデルのemma(25)とトークを展開。夫からの束縛について質問された雛形は「夫婦で基本何をしているのか知ってるから。1日のスケジュールも」と答えた。

 続けて「今日も、ここにいて、また次移動してっていうのも(分かるようにしている)。どこに移動してとかまで知っている」と明かし「10年以上かけて、いろんなルールができて、それをここ何年かで、たまにテレビで言うと(共演者に)『イヤー!』って言われることがあって」と告白。

 例としては「GPSで分かるようになってて。たまに(GPSを)見て(雛形の滞在先が)ペルーとかだったら『ものすごい離れちゃってるよ』って(メッセージを)送ってきたり、地図(の写真)が送られてきて『めっちゃ遠い』って言う」と説明した。

 これを聞いた滝沢は「いた、ここにそういう方が」と笑って話しながらも「そういうので(GPS)を使ってくれるならいいですね。『どこにいるんだ!』っていうやつで使われたくはないけど」と理解を示した。するとemmaも「可愛い。素敵、めっちゃいいな」と賛成していた。

最終更新:10/9(水) 12:16
スポニチアネックス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事