ここから本文です

日本4勝目、豪州に快勝=W杯バレー男子

10/9(水) 22:06配信

時事通信

 バレーボールのワールドカップ(W杯)男子大会第6日は9日、広島県立総合体育館で行われ、日本はオーストラリアに3-0で快勝し、通算4勝2敗とした。豪州は1勝5敗。

 日本は石川(パドバ)らのサーブが効果的に決まり、第1セットで圧倒。第2セットはミスが続いて先行を許したが、主将の柳田(ユナイテッド・バレーズ)の連続得点などで逆転し、そのままストレートで振り切った。

 ブラジルはアルゼンチンにストレート勝ちして6戦全勝。ポーランドはロシアを、米国はイランをそれぞれ3-1で退け、ともに5勝1敗とした。イタリアはエジプトを3-0で、カナダはチュニジアを3-2で破って3勝目を挙げた。 

最終更新:10/9(水) 22:15
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事