ここから本文です

関電辞任会見 第三者委に橋下氏を入れなかった理由は…

10/9(水) 17:25配信

産経新聞

 9日に大阪市内で開かれた関西電力の八木誠会長と岩根茂樹社長の辞任会見では、関電が「最大の経営課題」と繰り返してきた原発の使用済み燃料の中間貯蔵施設の候補地選定に関し、岩根社長が選定期限を厳守することを強調する場面もあった。

 岩根社長は、来年の選定期限を守るのがかなり厳しいのではないかとの指摘に対し、「約束はまだ生きている。会社を挙げて全力で守るべく、頑張ってまいりたい」と述べた。ただし、選定作業への影響については「どのくらい出るかは申し上げられない」と含みも残した。

 一方、筆頭株主の大阪市で第三者委員会の委員を推薦する動きがあり、元市長で弁護士の橋下徹氏の名前が挙がっていたが、岩根社長は橋下氏を委員に選ばなかった理由について「全てのステークホルダー(利害関係者)のために調査する必要があるため、(第三者委の)独立性、中立性を確保した」と説明した。

最終更新:10/9(水) 17:25
産経新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事