ここから本文です

【府中牝馬S】JRA通算2000勝達成のディープ産駒が大挙8頭登録

10/9(水) 21:45配信

サンケイスポーツ

 6日の毎日王冠は、ディープインパクト産駒のダノンキングリーが勝ち、同産駒は史上2頭目のJRA通算2000勝を達成した。14日に実施されるアイルランドトロフィ一府中牝馬Sには、重賞2勝馬のカンタービレ(4歳、栗東・角居勝彦厩舎)、プリモシーン(美浦・木村哲也厩舎)など8頭のディープインパクト産駒が登録しているが、同産駒初の府中牝馬S制覇を果たすことができるだろうか。

 また、今年のJRA重賞勝利数で、ディープインパクト産駒(18勝)に次ぐ2位の 10勝を挙げているステイゴールド産駒は、クロコスミア(6歳、栗東・西浦勝一厩舎)、ペルソナリテ(6歳、美浦・相沢郁厩舎)の2頭が登録している。このうちクロコスミアは一昨年の府中牝馬Sの覇者で、同レース2勝目を挙げれば、フラワーウツド(1964・65年優勝)、デアリングハート(2006・07年優勝)以来3頭目となるが、2度目の府中牝馬S制覇を遂げることができるだろうか。なお、6歳馬が府中牝馬Sを勝てば、レース史上初となる。

最終更新:10/9(水) 21:45
サンケイスポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事