ここから本文です

星野リゾート、ハワイに開業へ 初の米国拠点

10/9(水) 21:33配信

産経新聞

 ホテル運営大手、星野リゾートの星野佳路代表は9日、東京都内で開いた記者会見で、来年1月15日に米ハワイ州オアフ島に新たなホテルを開業すると発表した。初の米国拠点として、今後の北米や欧州への展開の足がかりとしたい考えだ。

 新ホテルの名称は「星野リゾート サーフジャック ハワイ」。オアフ島のワイキキに立地していた既存ホテルの運営を引き継いで開業する。同社の公式ウェブサイトで9日、予約販売を開始した。112室で、宿泊料金は250ドル(約2万6千円)から。プールやレストランなどの付帯施設を擁する。

 星野氏は「1960年代の古き良き時代のハワイの雰囲気を出している」と説明した。一方、現地の現代アーティストらが施設のデザインを担当した点が特徴だと強調。「私たちの最終的な目標は北米、欧州だ」と語り、米本土からの観光客が多いハワイでの成功なくして北米への展開はないとの認識を示した。

 同社は「世界で戦えるホテル運営会社」を目指しており、米ニューヨークなどホテル業界の競争が激しい地域で実績を重ねたい考え。星野氏は「海外拠点を増やし、日本以外の場所で運営できる実力をつけたい」と述べた。外国でのホテル運営は現在、台湾・台中とインドネシア・バリ島で計2店手がけており、ハワイの開業で3店目となる。

最終更新:10/9(水) 21:33
産経新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事