ここから本文です

タコスで自宅パーティーすると幸せになるからみんなやるといいよ

10/9(水) 18:35配信

メシ通

タコスでホームパーティ=「タコパ」のススメ

こんにちは、メシ通ライターの飯炊屋カゲゾウです。
3人の子持ちのため、親しい仲間や友達家族とがっつり会食したいときは、周囲や時間を気にする必要のないホームパーティーにしちゃいます。
先日も奥さんの友だち家族が遊びにくるというのでタコパを開催しました。ウチのこれまでのホームパーティーの献立で、たぶん一番よろこばれたのがタコスパーティー。
メキシコの国民食であるタコスは、手軽でおいしくウケもいいので最高にオススメなのです。今回はこれまで培ったタコパのノウハウを余すとこなくお伝えしたいと思います。

コストコ愛がますます深まってしまう「実用的すぎるコストコの便利食材」10選

最低限これさえあればタコパは成立。ミニマムアイテム編

味噌汁に何の具を入れても味噌汁になるように、トルティーヤ(トウモロコシを原料にした皮)に何かの具をくるめばみんなタコスになるそうです。
とはいえ、「味噌汁といえばコレ!」と多くの人がイメージするものがあるように「タコスといえばコレ!」と、誰もが思い浮かべる具ってありますよね。
とりあえず、以下の食材があるとタコパが成立すると思いますよ。

<トルティーヤ>

さすがにコレがなければ始まりませんね。
猛者になると皮から作る人もいるらしいですけど、それだけで大仕事になってしまうので、カゲゾウは輸入食材店や業務用スーパーなどで冷凍ものを購入しています。
大きさや枚数にもよりますが、10~12枚入りで200~300円くらいで入手できます。
ウチのタコパでは14~15センチくらいの大きさのものを使います。
枚数の目安は大人1人で4~5枚というところです。
18~20センチくらいの大きいサイズのものもありますが、あれだと2枚も食べればお腹がいっぱい。
中身を変えていろいろな味を楽しみたいのでウチでは小さ目の皮を選んでいます。
食べるときはレンジでチンするか、フライパンでちょっと温めてから出してます。

<タコミート>

トルティーヤに包むひき肉ですね。メイン食材です。
で、味付けですが、こちらもトルティーヤを売っている店なら大抵タコス用のシーズニング(調味料)がありますから一緒に購入しています。

1/5ページ

最終更新:10/9(水) 18:47
メシ通

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事