ここから本文です

フェデラー「トラブルに陥ることなかった」 快勝で3回戦へ<男子テニス>

10/9(水) 15:52配信

tennis365.net

ロレックス・上海マスターズ

男子テニスのロレックス・上海マスターズ(中国/上海、ハード、ATP1000)は8日、シングルス2回戦が行われ、第2シードのR・フェデラー(スイス)が世界ランク46位のA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)を6-2, 7-6 (7-5)のストレートで破り、3回戦へ進出した。

【フェデラー「圭は危険な選手」】

2015年の上海マスターズでフェデラーはラモス=ヴィノラスに敗戦を喫していたが、この日は1時間24分で勝利した。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはフェデラーのコメントが掲載されており「とてもいい第1セットだった。集中力も高くエネルギーもよかった。世界を飛び回っていると、多少のエネルギーを消耗してしまう。最初の数ゲームや数試合は、時には難しいものになる」と振り返った。

フェデラーはファーストサービスが入った時に91パーセントの高い確率でポイントを獲得し、ラモス=ヴィノラスに1度もブレークチャンスを与えなかった。

「サーブが安定していた。自分のショットを打っていたし、ほぼトラブルに陥ることはなかった。タイブレークに持ち込まれ、時には違うプレーに挑戦して流れが変わってしまった。彼(ラモス=ヴィノラス)はチャンスを手にしていたけど、そこからしっかり挽回できた。全体的にとても満足している」

「上海では物事が突然変わってしまう。もちろん、それが気がかりだった。彼がかなり危険な選手になり得るのは分かっていた。だから、今日の試合をコントロールできて勝てたことがとてもうれしい」

3回戦でフェデラーは、第13シードのD・ゴファン(ベルギー)と世界ランク57位のM・ククシュキン(カザフスタン)の勝者と対戦する。

最終更新:10/9(水) 15:56
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事