ここから本文です

「無敵だとは感じない」とメドヴェデフ、完勝で初戦突破<男子テニス>

10/9(水) 17:38配信

tennis365.net

ロレックス・上海マスターズ

男子テニスのロレックス・上海マスターズ(中国/上海、ハード、ATP1000)は8日、シングルス2回戦が行われ、第3シードのD・メドヴェデフ(ロシア)が世界ランク64位のC・ノリー(イギリス)を6-3, 6-1のストレートで破り、初戦突破を果たした。

【錦織に「負けたと思った」とメドヴェデフ】

上位8シードは1回戦免除のため、この日が初戦だったメドヴェデフは予選から勝ち上がってきたノリーをわずか54分で振り切った。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはメドヴェデフのコメントが掲載されており「最高の試合だった。予選勝者との対戦で簡単なことはない。自分はしばらく大会に出ていなくて、上海が久しぶりの大会。自分のレベルに多少イライラしていたけど、何とかいいレベルを示すことができた。1時間以内で勝つことができて本当にうれしいし、今後の試合が楽しみ」と語った。

メドヴェデフは今年9月の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で準優勝を飾り、その後のサンクトペテルブルク・オープン(ロシア/サンクトペテルブルク、室内ハード、ATP250)で優勝を果たす活躍を見せていた。

「無敵だとは感じない。今の状態を維持するためにトライしている。それは簡単なことではない。リラックスすると、すぐに結果は落ちてしまう。だからリラックスしないようにしている。できる限り激しい練習をし、大会でもベストのプレーを努めている」

3回戦でメドヴェデフは、世界ランク248位のV・ポスピシル(カナダ)と対戦する。予選勝者のポスピシルは2回戦で同63位のJ・ソウサ(ポルトガル)をストレートで下しての勝ち上がり。

最終更新:10/9(水) 17:38
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事