ここから本文です

獅子の迫力で圧倒 長崎くんち、中心部で庭先回り

10/9(水) 11:45配信

西日本新聞

 秋の大祭「長崎くんち」中日の8日、今年の五つの踊(おどり)町は長崎市の八坂神社と中央公園で演(だ)し物を奉納し、市中心部の民家や店先を回って踊を披露する「庭先回り」をした。

 獅子踊を奉納する玉園町は中通り商店街を中心に約400カ所を回った。囃子(はやし)の太鼓や笛の音色が響く中、玉使いの子どもたちに導かれて獅子が登場すると、観光客から歓声が上がった。諏訪町の観光案内所の従業員中尾有梨沙さん(19)は「間近で見る獅子の迫力に圧倒された」と興奮気味に語った。

 最終日の9日、各踊町は同市元船町のお旅所に続いて諏訪神社で奉納した後、最後の庭先回りをする。神輿(みこし)が神社に戻る「お上り」もある。(西田昌矢)

西日本新聞社

最終更新:10/9(水) 11:45
西日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事