ここから本文です

後悔しないため。知って得する地方自治体取り組み

10/9(水) 18:40配信

ファイナンシャルフィールド

SNSの発展・活用やサービスの多様化で以前に比べると個人が起業しやすい社会・環境になっているように見られがちではありますが、実は起業希望者や準備者の数は減少傾向にあります。こうした中で、自治体などでは起業・創業をする新たな担い手を創出するためにさまざまな起業支援を行っています。

今回は、「ちゃんと確認しておけば良かった」と後悔しないために起業する前にしっかりとチェックしておきたい、地方自治体による起業支援についてご紹介します。

知って得する自治体の取り組み

FacebookなどのSNSを見ていると、目に入るのは華々しく活躍する個人起業家の姿。そのような姿に多くの人が「私もあの人のように」と影響を受けて起業家を目指す様をよくお見受けします。

ここではそれについての良しあしを語りませんが、大事なのは起業するにはさまざまな準備が必要だということです。資金の確保やビジネスの構築など、これから起業する方にとっての悩みは多岐にわたりますよね。

そんな皆さんにぜひ知っておいてほしい・利用してほしいのが、地方自治体が行っている起業家に対する支援です。国や金融機関だけでなく、地方自治体からも融資を受けたり、サービス事業の支援を受けたりすることができます。

起業を考えるなら、自治体による融資制度や政府系金融機関、創業サポート事業について知っておきましょう。

地方自治体が起業家の支援に力を入れる理由とは?

今、自治体が起業家の支援に力を入れているのには、さまざまな理由がありますが、その最たるものが「起業・創業を活発化し、経済を活性化させたい」というものです。

企業が設立されることで雇用が生まれ、地域雇用の促進につながります。さらに、その企業が地元に根付けば、新しい企業が次々と生まれ育っていくという流れが構築され、地方創生の基礎となります。

実際に、創業支援などの施策によりV字回復できた熱海市に代表される前例もあります。このようなことから、地方自治体は起業家を支援することで、地方創生・経済を活性化していきたいという狙いがあります。

1/3ページ

最終更新:10/9(水) 18:40
ファイナンシャルフィールド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事