ここから本文です

メッシが今夏の移籍市場で“恐れていたこと“「ネイマールのレアル移籍は...」

10/9(水) 11:56配信

SPORT.es

レオ・メッシは『RAC1』の番組『El mon』が行なったインタビューで、「僕はある時率直に考えたんだ。特にこの夏の移籍市場で、ネイマールはここに来るのではなく、マドリーに行くことを。なぜなら彼は退団したい気持ちを強く持っていたからね」と主張している。

メッシが輝かしい10年間を回想「子供の時のようにサッカーを楽しむことが大切」


同時にメッシは「ネイマールはそのことを主張していた。変化を求めていたこと、そしてパリから去る強い気持ちを持っていたことを。僕はフロレンティーノとマドリーが彼を獲得するために、何かをすると思っていたんだ」と付け加えている。


メッシは元チームメイトがパリ・サンジェルマン(PSG)を離れ、ブラウグラナの代わりにマドリーのクラブに移籍することを心配していたことを正直に明かしている。


ジョルディ・バステが司会を務める同番組で報じられたその他のテーマは、彼のチームメイトであるデンベレがセビージャ戦で、主審のマテウ・ラオスに「お前は本当に下手だ」と発言したとされ、退場処分を受けて議論を巻き起こしていることについてであった。


同アルゼンチン人は「彼はスペイン語での表現とはっきりと伝えることが苦手なため、そのことを言うことができたのはとても難しいことだ。主審がそう判断したことに、僕らはとても驚かされたよ」と再びデンベレを擁護している。

SPORT.es

最終更新:10/9(水) 11:56
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ