ここから本文です

【中日ドラゴンズ編】スポーツライター・小関順二さんのドラフト分析! 「地元選手、そして捕手の獲得を」

10/9(水) 20:38配信

高校野球ドットコム

 10月17日に控えたドラフト会議を前に、ドラフト専門記者の小関順二氏に、各球団ごとの補強ポイントと今年のドラフトでのオススメの選手を紹介していただいた。
 それぞれの補強ポイントを整理すると共に、どの選手を指名するのか、球団の台所事情を踏まえて解説していく。今回は中日ドラゴンズ編をお届けしたい。

【動画で解説】小関順二氏が見る中日ドラゴンズのドラフト

5位 中日ドラゴンズ

〈勝-敗-分〉68-73-2
〈勝率〉.482
〈打率〉.263
〈防御率〉3.72

★地元路線で右の大砲候補、ポスト・谷繁

【補強ポイント】
 去年一昨年ほどの弱点は多くありません。投手は柳 裕也が出てきたり、大野が復活したり。打者は福田、平田は安定して高橋周平も出てきました。
 打者一位に行く球団ではないので、早々から公言していた奥川に行くのではないでしょうか。奥川は石川県出身で名古屋とも近いので。

奥川 恭伸(星稜)投手
石川 昂弥(東邦)内野手
佐藤都志也(東洋大)捕手
山瀬 慎之助(星稜)捕手

 とは言え、打撃はチーム本塁打数90本とリーグワースト。地元選手を大事にする球団なので、残ってれば東邦高校の石川はオススメの選手です。球界全体でも右のスラッガーは枯渇しているので期待できます。佐藤は4年生になってからは不調ですが、3年生までの実績と走力もある捕手として期待できます。谷繁が抜けてから次世代捕手の育成は急務でしょうから。

最終更新:10/10(木) 21:07
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事