ここから本文です

メッシの3ヶ月出場停止が解禁へ 対ネイマールとスアレスが実現か

10/9(水) 16:05配信

SPORT.es

レオ・メッシは11月の代表ウィークに再びアルゼンチン代表に召集される可能性がある。
メッシはチーム・アルビセレステのコパアメリカ敗退後に南米サッカー連盟に対する批判を行ったとして3ヶ月の出場停止処分を科されているが、11月にはその期間を満了する。

メッシが今夏の移籍市場で“恐れていたこと“「ネイマールのレアル移籍は...」


このアルゼンチン人スターは11月15日にサウジアラビアで開催されるブラジル戦、19日にテルアビブで開催されるウルグアイ戦のための召集でチームに復帰するかもしれない。
従ってその場合、メッシは友人のネイマールやスアレスと親善試合で対戦する事となるだろう。


メッシはコパアメリカ3位決定戦のチリ戦(退場処分を下された)を最後に代表でプレーしてない。
前述の出場停止処分によって、その後に行われた親善試合2試合(チリ戦、メキシコ戦)には出場しておらず、今回の代表ウィーク(ドイツ戦、エクアドル戦)も召集されていない。

SPORT.es

最終更新:10/9(水) 16:05
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ