ここから本文です

警報音鳴る踏切にミニバイク進入、パトカーが追跡したら…

10/10(木) 11:06配信

読売新聞オンライン

 警報音が鳴っている踏切にミニバイクで進入したとして、兵庫県警尼崎東署は8日、大阪府松原市大堀、会社員の男(32)を道交法違反(警報中踏切立ち入り)の疑いで現行犯逮捕した。

 発表では、男は8日午前10時55分頃、尼崎市潮江のJR福知山線の踏切で、電車が近づいて警報音が鳴っているのに、遮断機が下りる前にミニバイクで踏切内に進入し、通過した疑い。パトカーで巡回中の同署員が見つけ、追跡して停止を求めたが、男は逃走。約270メートル先の交差点で軽乗用車と衝突する事故を起こした。

最終更新:10/11(金) 23:50
読売新聞オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事