ここから本文です

市原隼人『おいしい給食』、ドラマ放送前に映画化決定

10/9(水) 15:30配信

クランクイン!

 俳優の市原隼人が主演を務めるドラマ『おいしい給食』(テレビ神奈川、TOKYO MX、BS12トゥエルビほかにて10月より順次放送スタート)が映画化され、2020年初春に全国公開されることが決定。特報が解禁された。

【写真】ドラマ『おいしい給食』第1話場面写真


 本作は、給食マニアの中学教師・甘利田幸男(市原)と、給食マニアの生徒・神野ゴウ(佐藤大志)による、どちらが給食を「おいしく食べるか」という闘いを描く学園グルメコメディー。1980年代のある中学校を舞台に、食欲をそそる給食バトルと共に、甘利田と彼を取り巻く子供たち、大人たちのさまざまな人生模様が描かれる。

 甘利田は、給食に愛がある故にそれを愛せない奴を許せない「給食絶対主義者」。給食のために学校に来ているといっても過言ではない給食マニア教師だが、ただ心の奥底で給食を愛するだけ。教師が生徒以上に給食を楽しみにしているなどと知れたら、威厳が失墜するからだ。そんな彼に、生徒の神野ゴウが挑戦状をたたきつける。神野は給食に愛がある故に変革を求める13歳。どちらが給食をおいしく食べるか。給食マニアの教師と生徒の、静かな闘いが始まろうとしていた―。

 特報では、甘利田先生の給食愛はさらなる高みへスイッチオン。ショックのあまりぶっ倒れたり、副担任の御園ひとみ先生(武田玲奈)に興奮のあまり超至近距離で話したり、机の上で食らいつくような前のめり姿勢&右足伸び切った姿勢を見せたりと、類を見ない壮大な物語を予感させる映像となっている。甘利田役の市原は撮影を振り返り、「お客さん、びっくりしちゃうんじゃないかと思うぐらいワクワクしすぎて。映画でこんな感覚初めてでした」と満面の笑みでコメントしている。

 ドラマ『おいしい給食』は、テレビ神奈川、TOKYO MX、BS12トゥエルビほかにて10月より順次放送。劇場版は2020年初春全国公開。

最終更新:10/9(水) 15:30
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ