ここから本文です

第1節のベストオブタフショット、1位は篠山竜青が開幕戦で決めたバスケットカウント

10/9(水) 16:55配信

バスケットボールキング

 10月9日、B1リーグ2019-20シーズン第1節の『BEST of TOUGH SHOT Weekly TOP5 presented by G-SHOCK』が発表された。

 1位は川崎ブレイブサンダースの篠山竜青が宇都宮ブレックスとの開幕戦で決めたバスケットカウント。40-39で迎えた第3クォーター残り約4分30秒、マッチアップした渡邉裕規を振りきると、206センチの竹内公輔を越すレイアップを沈めた。篠山はその後も3ポイントを決めるなど活躍。19得点を挙げ、チームを勝利に導いた。

 なお、マーキース・カミングス(レバンガ北海道)が2位、セバスチャン・サイズ(サンロッカーズ渋谷)が3位、ジェフ・ギブス(宇都宮)が4位、細谷将司(秋田ノーザンハピネッツ)が5位に続いている。

BASKETBALL KING

最終更新:10/10(木) 10:33
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事