ここから本文です

リバプール戦で圧巻パフォの南野拓実「良かった経験を代表に持ってきた」《カタールW杯アジア2次予選》

10/9(水) 3:36配信

超WORLDサッカー!

ザルツブルクに所属するFW南野拓実が、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選2試合を予定する日本代表に合流した。

8日にトレーニングを実施した日本代表は招集メンバー全23名が集結。メディア陣に向けた15分の公開練習で、同日に合流した選手はランニングやストレッチといった軽めの調整を行った一方、初日から活動している選手はボールを使ったトレーニングを行い、非公開練習へと移った。

今月2日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループE第2節のリバプール戦では、3-4で敗れたものの1ゴール1アシストと圧巻のパフォーマンスを披露した南野。「トップクラスのレベルのなかで試合を経験することは自分にとってすごく成長で、よい経験になるし、何かしら結果を残すというのは選手として自信にもなる。その良かった経験とか自信を今回代表に持ってきて、またしっかりプレーできれば良い」と欧州王者から得た経験を還元することを約束した。

その中で今回の代表では絶対的ストライカーであるFW大迫勇也(ブレーメン)が負傷のため欠場。「どの選手で、どういったシステムになるかわからないが、入った選手の特徴を生かして、理解してチームとして良いプレーできるようにしたい」と森保ジャパン最多タイの7ゴールを決めているストライカーはコメントした。

超WORLDサッカー!

最終更新:10/9(水) 3:36
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事