ここから本文です

スールシャールの解任費用、9億円ほどか

10/9(水) 15:30配信

超WORLDサッカー!

マンチェスター・ユナイテッドがオーレ・グンナー・スールシャール監督(46)を解任する場合の費用は近年で最も安いものになるという。イギリス『メトロ』が報じた。

昨シーズン途中からユナイテッドの指揮を執るスールシャール監督にとって、着任後初のフル稼働となる今シーズン。だが、プレミアリーグ開幕8試合の勝ち点「9」は1989-90シーズンの「8」に続く最低値を叩き出しており、進退を危ぶむ報道も噴出し始めている。

そのスールシャール監督は暫定時の公式戦19戦14勝という好成績を受けて、今年3月末に3年契約で正式就任。現時点で2シーズン以上も現行契約を残しているユナイテッドだが、解任に動くとなれば、700万ポンド(約9億1000万円)程度で契約を破棄できる模様だ。

同額はサー・アレックス・ファーガソン元監督が勇退後、シーズン途中の監督交代が続くユナイテッドにとって、比較的安価。最近で言うと、2018年末までチームを率いた前任のジョゼ・モウリーニョ氏は1500万ポンド(約19億6000万円)だったという。

なお、ユナイテッドの代表ウィーク明け初戦は20日にホームで行われるプレミアリーグ第9節のリバプール戦。この試合が進退をかけたものになる可能性も指摘されるスールシャール監督だが、いかに。

超WORLDサッカー!

最終更新:10/9(水) 15:30
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事