ここから本文です

フェラーリSF90ストラダーレとは 初のPHEV、詳細解説 サイズ/スペックは?

10/9(水) 6:50配信

AUTOCAR JAPAN

ボディサイズは?

フェラーリとして初となるマトリックスLEDヘッドランプは、L字型のフォルムの内側にブレーキ・エアインテークを組み込み、特徴的なC字型となった細いスリットデザインのヘッドライトは、未来感を付与。機能的にもあらゆる状況下での視界を向上させるアクティブ・ビームコントロールが備わる。

デザイン的に大きく変わったのがリア・ウインドウの処理だ。360モデナ以来F8トリブートまでは、ルーフからリアエンドにかけて流れるラインで構成されていたが、SF90では新たな造形とされた。ルーフ後端が一段下げられ、往年のトンネルバック・スタイルを思わせるデザイン処理が施され後方視界を助けている。その後方にはエンジンをショーアップさせる役割も兼ねるリア・ウインドウが配され、そのまわりはブラックアウトされた。

リアエンドのデザインも大胆に変更された。まず目に飛び込むのが角形となった4灯テールランプで、その形状からコルベットを思い起こさせる部分でもある。リアスカートはテールパイプが上方に位置することから大きく切れ上がり、その下にブラックアウトされたグリルとディフューザーが備わり、これまでにない強烈な印象を放つ。

ボディサイズは、全長×全幅×全高が4710×1972×1186mmとなっている。

エアロダイナミクス

現代のクルマを語るうえで欠かせないのが空力特性だ。

ことスーパースポーツとなると超高速の領域も加わるだけに、積極的なアプローチがなされている。

SF90ストラダーレでは強大なダウンフォースの管理とともに、エンジンをはじめ熱対策が不可欠な電動モーターやインバーター、バッテリーパックなどのハイブリッド・システムのクーリングに注意が払われた。こうしてすべての面を突き詰められた結果250km/h時のダウンフォースは390kgを獲得している。

新たに採用された空力デバイスが「シャット・オフ・ガーニー」だ。これはリアエンド上面パネルに内蔵されたフラップが電動アクチュエータでパネルとともに下降して、流気をせき止めることによってダウンフォースを発生させるもの。

往年のガーニー・フラップを現代的に解釈したもので、大きなダウンフォースが必要となるコーナリング時やブレーキング時に作動する。このシステムによって生み出される追加ダウンフォースは、300km/h時で100kgになるという。

フロント部分では以前から採用されているフロア部分に配されたボルテックス・ジェネレーターをより進化させ、高いダウンフォースを得ている。フロント・バンパーはロアとアッパーに2分割され、それぞれがウイングの役割を果たす。

またヘッドライトの内側にはブレーキ・クーリング用のインテークが設けられて、リアはアンダーフロアから新気を取り入れてリア・キャリパーを冷却する。

2/6ページ

最終更新:10/9(水) 6:50
AUTOCAR JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事