ここから本文です

ツナサラダ、たまご、黒みつ…サンドパン5品 沖縄の食品メーカーが新発売

10/9(水) 5:40配信

沖縄タイムス

 食品メーカーのオキコ(沖縄県西原町、銘苅敏明社長)は8日、手軽に食べられる常温サンドパン「ポケットランチ」を発売した。しっとりとした専用の食パンを開発。「たまご」、「ツナサラダ」などの総菜系と「ピーナツ」、沖縄産黒糖を使用した「黒みつきなこ」、「ブルーベリージャム&マーガリン」の5種類がある。同社は月30万食の販売を目指す。

この記事の他の写真・図を見る

 総菜系のポケットランチは税別145円、それ以外は税別135円。県内の各量販店やコンビニで販売する。かばんに入れてもつぶれず、持ち運びが便利なため、好きな場所で、好きなタイミングで手軽に食べられる。今後、毎月1品ほどは新商品を販売する計画という。

 同社マーケティング部の屋良恵美子主任と新里真奈美氏が8日、沖縄タイムス社を訪れ「手も汚れないので、軽食やおやつなどに食べてほしい」とPRした。

最終更新:10/9(水) 5:40
沖縄タイムス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事