ここから本文です

ワールドプレミア1週前、武豊も良化認める/菊花賞

10/9(水) 19:09配信

日刊スポーツ

<菊花賞:1週前追い切り>

神戸新聞杯3着のワールドプレミア(牡3、友道)はCウッド単走で6ハロン82秒2-12秒4。

手綱を取った武豊騎手は「いい感じだった。今まで乗った調教の中でも断トツで良かった」と1回使っての良化を実感。さらに「春より走りが良くなっている。前回より今回の方がいい。馬場が悪い中でもいいフォームで走っていた」と付け加えた。友道師も期待のディープインパクト産駒の成長ぶりを認める。「以前は使ったらガタッときたけど、今回は1回使っても追い切りもできて、動きもいい」と強くなった体質に目を細める。3000メートルの舞台も「距離延びて良さそう」と歓迎。上昇ムードで本番を迎えそうだ。

最終更新:10/10(木) 5:32
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事