ここから本文です

阪神望月「抑えられる球見つけないと」首脳陣が言及

10/9(水) 22:12配信

日刊スポーツ

<セ・CSファイナルステージ:巨人5-2阪神>◇第1戦◇9日◇東京ドーム

CS初登板初先発の阪神望月惇志投手は2回5安打5失点3四球で降板した。

【写真】初回にいきなり失点し、ベンチで汗をぬぐう望月

初回は併殺で2死を奪った直後に、3番丸、4番岡本に被弾。「ゲッツーで2アウト取って、ああいうところを含めて技術的に上げていかないと」。2回も2死一、二塁から亀井、坂本に連続適時打を浴び、3回に代打を送られた。「こういう雰囲気、こういう試合で、しっかり抑えられる球を見つけないと、と監督、コーチにも言われました」。この経験を糧にしたい。

最終更新:10/9(水) 22:19
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事