ここから本文です

マクラーレンへのパワーユニット供給にはリスクも? メルセデスF1代表「でも準備はできている」

10/10(木) 8:58配信

motorsport.com 日本版

 マクラーレンは、2021年からメルセデスのパワーユニット(PU)を使うことを決めた。一方でメルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、マクラーレンにPUを供給する決定には、”リスク”も伴っていることを認めた。

【ギャラリー】今年の鈴鹿を制するのは誰だ! F1日本GP歴代ウイナーを振り返る

 マクラーレンは1995年から2014年までの長きに渡ってメルセデスとタッグを組み、この間に幾多の成功を収めた。しかしPUをホンダ製に切り替えた後はパフォーマンスが低下し、2018年からルノーPUに変更した後も、表彰台すら獲得できていない。勝利に関して言えば、2012年を最後に未勝利が続いている。

 しかしウルフ代表は、マクラーレンの進歩と2021年のレギュレーション変更は、メルセデスに”大いなる挑戦”をもたらす可能性があると考えているようだ。

「2021年には新しい時代が始まり、グリッド上は大接戦になるだろう。そして激しい競争があるはずだ。PUについても、学ぶべきことがたくさんあると考えている。そして、より競争力のあるカスタマーチームが、現在の2チーム(レーシングポイントとウイリアムズ)に加わるんだ」

「我々はマクラーレンは強いと評価している。ザク(ブラウン/マクラーレンF1のCEO)とアンドレアス(ザイドル/マクラーレンのチーム代表)が始めたステップは、確かに有望なように見える」

「ただマクラーレンのような力強い相手と戦うのは、そのデメリットよりもメリットの方が大きいはずだ」

 マクラーレンが2014年限りでメルセデスとの関係を解消し、ホンダとの契約を結んだ背景には、V6ターボ・ハイブリッドのPU時代には、ワークスチームでなければ戦えないだろうとの考えがあったはずだ。そして2年前にマクラーレンがホンダと袂を分かった際、メルセデスはPU供給には後ろ向きだった。

 ウルフは今回の契約締結について、「状況が少し変わったのだ」とだけ語ったが、マクラーレンが中団グループのチームとしてのポジションを確固たるモノとしたことが、今回の契約を結ぶ決め手となった可能性がある。

 ウルフ代表は、今回の契約については、反対よりも支持する声の方が多かったと語る。

「我々は、より多くのパワーユニットを走らせることのメリットを学習した」

 そうウルフ代表は言う。

「同時に供給しなければならないから、そのためのプロセスと、物流の部分には問題があるかもしれない。しかし今後は、メリットの方が多くあるだろう」

「経済的な面でもメリットがある。つまり収支の問題だ。これは非常に役に立つ」

「全体的には多くのプロセスがある。そしてマクラーレンが良い仕事をすれば、それは確かにリスクにもなる。彼らはおそらく我々をベンチマークにし、チームの内部にこう言うだろう。『同じパワーユニットを使っているんだ。しかし、君たちは十分な仕事をしていない』とね」

「しかし我々は、ハイブリッド時代で7年の経験を手にした。そしてそのステップを踏む準備ができているんだ」

Scott Mitchell

最終更新:10/10(木) 8:58
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事