ここから本文です

境一家殺傷 現場近く、マスク不審人物 周辺住民が目撃

10/10(木) 4:00配信

茨城新聞クロスアイ

境町若林の住宅2階で9月23日未明、会社員、小林光則さん=当時(48)=と妻のパート従業員、美和さん(50)が刺殺され、子ども2人も重軽傷を負った事件で、事件の前々日か前日の夜、現場から北西約100メートルの路上でマスクをした不審な人物が目撃されていたことが9日、住民への取材で分かった。事件前々日の21日夜は、別の地点で不審者を見たという情報もあり、県警は事件との関連を調べている。

現場近くに住む60代男性によると、9月20日か21日の午後11時ごろ、マスクをし、黒っぽい服装で身長170センチほどの男とみられる人物が、小林さん方から離れていくように南東から北西方向へ歩いていた。男性は帰宅途中、車内からこの人物を目にした。夜中に近辺を歩く人はまず見ないことから、不審に感じたという。

21日午後10時ごろには、別の60代男性が現場から西に約200メートルの路上で、男とみられる人物の後ろ姿を見たとしている。

茨城新聞社

最終更新:10/10(木) 9:09
茨城新聞クロスアイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事