ここから本文です

【K-1 KRUSH】戦う美容学生・菅原美優が、保育士ファイター・C-ZUKAと激突

10/10(木) 12:40配信

イーファイト

 12月15日(日)東京・後楽園ホールで開催される『K-1 KRUSH FIGHT.109』で、女子アトム級(2分3R・延長1R)の一戦が決定した。

【フォト】スリム美女の菅原だが、計量では肩や腕の逞しさから強さも覗かせる

 C-ZUKA(30=T-GYM)vs菅原美優(19=K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)が対決する。

 C-ZUKAはこの階級では165cmと長身で、長い手足から繰り出すパンチ、蹴りが武器。普段は保育士として活動している。6勝(1KO)6敗1分の戦績で、K-1 JAPAN GROUPの試合では2勝2敗。NJKFミネルヴァ・アトム級初代王座を保持していたこともある。

 今年5月の第2代K-1 KRUSH FIGHT女子アトム級王座決定戦では、無敗のハードパンチャー・高梨knuckle美穂と激闘を繰り広げるもKO負けで戴冠を逃した。今回が再起戦となる。

 対する菅原は、長い脚から繰り出される多彩な蹴り技を武器に、K-1アマチュア全日本大会で3度の優勝を飾り、『K-1 AWARDS 2018』ではアマチュア部門の最優秀選手賞にも選ばれた。また普段は美容学生としても活動していることやルックスの良さで大きな注目を集めた。

 今年1月のデビュー戦ではダウンを奪って大差の判定勝ち。2戦目ではKO負けを喫するも今年6月のチャン・リー戦では勝利し復帰した。今回プレリミナリーファイトから昇格し、初のKRUSH本戦出場となる。

 C-ZUKAは菅原の印象を「“可愛くて上手い”です。特に蹴りが上手い印象で、今までパンチの選手と対戦すること多かったので、蹴りの選手と試合できるのは楽しみです」と自身が得意な蹴りの勝負が出来ることを喜ぶ。
 また「保育士の仕事と格闘技を両立していく中でもしっかりと結果を出します」と、保育士と格闘技の“二刀流”で結果を出すことにこだわりを見せた。

 対する菅原は、C-ZUKAについて「アマチュアの時から知っていて手足が長くてやりづらい印象です。自分もパンチの選手とやることが多くて、C-ZUKA選手は蹴りが多いイメージなので、そういう選手と試合できることを凄い楽しみにしています」と、こちらも蹴りの勝負は望む所だ。

 さらに「パンチの選手だと近い距離になってワーッとパンチを出しちゃうことが多いんです。でも蹴りの選手だと“蹴ってるな”みたいに分かりやすい試合が出来るかなと思います。より自分の持ち味が出せると思います」と本領発揮で魅せると意気込んだ。
 
 女子アトム級では、今月行われる王者・高梨knuckle美穂のタイトルマッチ、11月大会に元ボクシング世界王者・山田真子の参戦など注目度が高まっている。
 C-ZUKAが注目の菅原に勝利し復帰を飾るか、菅原が勝ってタイトル戦線に名乗りを上げるか。

最終更新:10/10(木) 13:36
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事