ここから本文です

ラッキーライラック、府中牝馬S最終追い切り速報/栗東トレセンニュース

10/10(木) 11:19配信

netkeiba.com

 春の休み明けと同じ、芝1800mから秋の始動となるラッキーライラック(栗東・松永幹夫厩舎)。今朝10日は府中牝馬S(10月14日・東京芝1800m)に向けた最終追い切りを行っている。

 いつもと同じ、CWコースでの最終追いだったが、馬場閉鎖のアクシデントがあり、角馬場で待たされるような形に。これがどう影響したのか、騎乗した丸内永舟調教助手に聞くと「馬場入りする際に他馬の追い切りを見て、少し興奮するようなところがありましたが、向正面に行くと落ち着きました」とのこと。

 実際に動きを見ていても、向正面の走りはリラックスしていたし、ラップを見てもそれを示している。

 4コーナーから最後の直線ではしっかり加速できていて、ラスト1Fは鋭い伸び。時計は6F85.2~5F69.1~4F53.9~3F38.7~1F11.9秒。全体は速すぎず、後半は遅すぎずといった、ちょうどよい最終追いになったのではないだろうか。

(取材・文:井内利彰)

最終更新:10/10(木) 11:19
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事