ここから本文です

ディーン&デルーカ、発祥の地で危機 閉店続々、本店も

10/10(木) 6:52配信

朝日新聞デジタル

 米高級食品店「ディーン&デルーカ」(DEAN&DELUCA)が発祥の地ニューヨークなどで大量閉店し、米国での存続が危ぶまれている。輸入食材や高級総菜を扱う大型スーパーの攻勢や、食料品のネット通販の広がりで競争が激化。給料の遅配や仕入れ先への代金未払いが常態化するなど、経営が行き詰まっていた。

【写真】営業をやめたディーン&デルーカの本店。「一時閉店」を知らせる貼り紙のそばに、「SO SAD!(とても悲しい)」との落書きがあった=8日、米ニューヨーク市、江渕崇撮影

 D&Dは米国に約10カ所残っていた店舗を、7月以降に相次ぎ閉店した。本拠のニューヨーク・マンハッタンでも続々と店が閉まり、最後まで開いていたソーホー地区の本店も7日までに営業をやめた。

 「残念ながら一時的に店を閉じます。近く再開します。30年以上、地域の一員だったことは誇りです。ご支援ありがとうございました」。ドアにはそんな貼り紙があった。店内には、商品が空っぽの陳列棚などが営業時のまま残っていた。

 1977年にソーホーで創業したD&Dは、当時まだ珍しかった輸入食材や高級総菜を扱い、「食のセレクトショップ」の市場を切り開いた。日本では2003年、東京・丸の内に初出店。ロゴをプリントしたトートバッグが若い女性の間で流行した。

 ただ、米国では高級スーパー「ホールフーズ・マーケット」など、オーガニック食材やグルメ食品を幅広く扱い、店内で飲食もできるチェーン店がシェアを拡大。珍しい食材を手軽に買えるネット販売の普及もあり、顧客を奪われていた。

朝日新聞社

最終更新:10/11(金) 20:44
朝日新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事