ここから本文です

半世紀前の“クラシックカー”は今より大変? フェルスタッペン、RA272の感想語る

10/10(木) 19:12配信

motorsport.com 日本版

 F1第16戦日本GPを目前に、来日したレッドブルのマックス・フェルスタッペンは栃木県のテストコースを訪問。1965年のメキシコGPにおいて、リッチ・ギンサーの手でホンダF1の初優勝を挙げたマシン『RA272』に搭乗した。

【動画】フェルスタッペン、ホンダ第1期優勝マシン『RA272』をドライブ!

 フェルスタッペンが1960年代のF1マシンをドライブするのは初めてのことであり、彼は現代のF1マシンよりも快適でないと明かした。

「このマシンの運転を経験できるのは、とても凄いことだ」

「これまでにドライブしたことのある最も古いレースマシンは、恐らく2008年頃のものだと思う。(RA272は)とても異なっているけど、本当に楽しかったよ」

「エンジンとマシン自体から来るピュアな感触は、信じられないほどのものだった。マシンにはきちんと収まりきらなかったけどね! でも確かに、とても素晴らしい経験だったよ」

「(RA272がレースをしていた時代より)少し遅れて生まれて良かったよ。ただこのマシンをドライブする経験を得られて、本当に嬉しく思う」

「(RA272で)レースをするとは思わないけど、50年を振り返ってみると、物凄い進化だ。それにこうしたクルマに立ち戻るのは楽しいものだ」

 フェルスタッペンはRA272のドライブをした後、2011年型のRB7を駆って、佐藤琢磨の乗るRA272と共にコースを走行。現代のF1マシンとの共演を果たした。

Jonathan Noble

最終更新:10/10(木) 19:12
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事