ここから本文です

中島ひろ子、真剣交際をサンスポに激白!5歳下男性に一目ぼれし“逆ナン”成功

10/10(木) 7:00配信

サンケイスポーツ

 女優、中島ひろ子(48)が5歳下の一般男性と真剣交際していることが9日、分かった。29年ぶりとなる主演映画「いつかのふたり」(長尾元監督、12日公開)のPRで東京・大手町のサンスポ編集局を訪れ、新たなパートナーの存在を初告白した。同作ではシングルマザー役を好演。デビュー30周年の節目で公私ともに充実の時を迎え、「母親役が多かったけど、恋愛する役をやりたいな」と熟した演技で活躍の場を広げる。

【写真でみる】29年ぶりの主演映画では、レザークラフトにハマる女性を演じた

 数々のドラマや映画で存在感を放ってきた名バイプレーヤーが、公私で“転機”を迎えた。

 デビュー30周年の節目に久々の主演作が完成。中島は「再スタートの記念作になりました」と声を弾ませた。

 同作は、レザークラフトを通して母と娘の絆をコミカルに描く物語で、中島は子離れできないシングルマザー・麻子役。ひょうきんな一面など自身の“素顔”を見せており、「今までは怖いとか濃すぎる母親役が多かったけど、今回はごく普通のお母さん。40代の女性として、等身大の姿を出せたかな」とほほえむ。

 主演映画は1990年に公開され、日本アカデミー賞新人賞に輝いた「櫻の園」以来。大役に感謝しつつも「作品はみんなのものですから」と謙虚だ。

 昨年はバラエティー番組でも“素顔”をさらけ出して話題になった。2012年に離婚していたことを大胆告白。その明るいキャラクターは同世代から支持を集めた。中島は「20代、30代は女優として仮面をかぶっていたけど、もうそういうことを言ってもいいお年頃。いつでもどこからでもつついて!」と豪快に笑う。

 早速、新たな恋バナを聞くと「いるっちゃいるけど(笑)」とおちゃめに告白。お相手は自身と同じくバツイチの5歳下の会社員で交際期間は5、6年になるという。

 運命の出会いは東京都内のカフェ。列に気づかず割り込んでしまった際に、「いいですよ」と快く許してくれた男性で、「男の人もこんなにいい笑顔をするんだと思った」と一目ぼれしたという。中島は一緒にいた自身の友人の名刺に連絡先を書いて渡し、その大胆な“逆ナン”が成功。男性は中島が女優と分かっていただけに、「マネジャーとしてスカウトされたのかと思ったそうです」と苦笑した。

 公私で順調な中島は、「20歳から乳飲み子を抱えたお母さんを演じていたので、恋する役をやりたい。キャピキャピしてみたい!」と笑顔。今度は大人の恋愛をリアルに演じてくれそうだ。

最終更新:10/10(木) 12:22
サンケイスポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事