ここから本文です

『フッド:ザ・ビギニング』応援隊長の超特急、タカシは癒やし

10/10(木) 20:34配信

シネマトゥデイ

 レオナルド・ディカプリオを製作に迎え、『キングスマン』シリーズのタロン・エジャトンが主演を務めた映画『フッド:ザ・ビギニング』(10月18日公開)のジャパンプレミアが10日に都内で行われ、本作の応援隊長に就任した超特急(カイ、リョウガ、ユーキ、タカシ)が登壇した。

【写真】超特急、ロビン・フッドのコスチュームで登場!

 本作はロビン・フッドがいかにして生まれたのかを映し出した作品。表の顔は領主、裏の顔はフードをかぶった盗賊という二つの顔を持ったヒーローが敵も味方も鮮やかに、大胆にあざむく姿が描かれる。超特急の4人はこの日、ロビン・フッドのコスチュームに身を包んで登場した。

 ストーリーに絡め、超特急のメンバーがそれぞれの表の顔と裏の顔をぶっちゃるトークも行われ、ユーキがタカシの裏の顔を紹介。「タカシはボーカルなんで歌っていますから、決めるときは決めてかっこいいって思っている人が多いと思うんですけど、オフは実は可愛くて」

 「家族に一人いると家がほんわかするような心が和むような癒やし系。今お菓子作りにはまっていたりして。一家に一台置いておきたいタイプ」と続けると、タカシは「俺は家電か!」と突っ込んで会場を笑わせた。

 映画については4人そろって絶賛。タカシは「アクションがかっこいい。アクションだけでなく、ロビンフッドになるまでの軌跡にも注目してもらえたら」と見どころを話していた。(取材・文:名鹿祥史)

最終更新:10/10(木) 22:02
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事